フリーランスという働き方

仕事をしている中で、会社のルールなどに縛られずに自分のしたい仕事をしたいときにできたらいいなと思うことはありませんか?
それができるのがフリーランスです。
普段あまり耳にする言葉ではないですが、日本では自由業であったり、個人事業を示すようです。フリーランスの中には様々な場面で活躍している人や仕事内容がありますがITの発展により、エンジニアやWebデザイナーなどの仕事を企業に雇われるという業務体系ではなく、自分自身で提携先を見つけ、業務をこなしていくという業務体系を選ぶ人が増えてきています。

会社に雇われ、定められた出勤日の中で自分の役割に合わせた業務をこなし、時間が来たら退社するという時間に縛られた働き方ではなく、完全に自分主体の働き方のため、ある程度の自由は利きますが、その反面で自分の才能や能力が評価されなければ収入を得られないという部分で厳しさはあると思います。

それでも昔に比べるとフリーランスという働き方で収入を得られるチャンスは増えてきているのではないでしょうか。
収入を得るためには当然仕事を得なければなりません。フリーランスの場合、仕事を得るためには自分の能力をアピールし、採用される必要があります。
昔であれば、人脈であったり、口コミであった部分がIT化によって不特定多数の人間に自分の能力を知ってもらうことができるようになったのです。それにより、仕事を得られるチャンスは広がったと思います。

今時代は誰でもやる気さえあれば起業のチャンスもあると言えます。ただし、いま活躍しているさまざまなフリーエンジニアの方はきちんと必要な情報を集めて行動したはずです。会社という枠を離れ年収アップをさせたい方、どんなポイントに気をつければ収入を上げて働くことができるのかを知った上で行動に起こしていただきたいものです。

フリーエンジニアの気になる年収はこちらのサイトで確認できます。
正社員の2~3倍はもらえるのが普通です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です