IT業界で独立するメリット・デメリット

IT業界で働いている人の多くは考えると思われる独立。
企業で仕事をするのは、社員として福利厚生だったり仕事は確保されているので、命じられたことをすればいい、その中で自分の出来ることを、能力を発揮すればいいということが多いですが、その分拘束時間も長かったり人間関係などのしがらみもあると思います。
また、IT業界で働くと転職は当たり前となり、フリーランスで働くことも珍しくないので自分の働き方に対して考える機会というのもきっと多くあると思います。
独立するメリットとしては、会社員のように出勤する義務がなくなり自分の好きな時に好きな仕事を選んで出来る、ということでしょうか。自分の技術と名前が売れれば思った以上にお金も稼げるので、能力がある人はフリーランスで働いたほうがいいかもしれません。しかしそれは逆を言えば能力がなければ守ってくれるものがなにもないのでお金を稼ぐことも出来ないということになります。
フリーランスで働くには人脈も大事になってくるので、日頃から様々な人間関係を築いていく必要もあります。ですので、会社員で人間関係に疲れたから、という理由だけでフリーランスを考えるのは少し浅はかだと思います。
また、自分で仕事を取らなければならないので、好きなことだけをやっていては生活出来ないということにもなりかねません。自分のマネジメントをしっかりやって、技術力も常に磨きながら仕事をしていく覚悟が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です