ITフリーランスの働き方

企業などの大きな組織に束縛されず、自分の才能を最大限に発揮するために、独立して仕事を請け負う人のことをフリーランス(個人事業主)といいます。
IT業界では特にこのフリーランスは人気が高く、仕事を依頼する側も、仕事を請けるほうもお互いを尊重しながらIT業界を高めています。
では、IT関連のフリーランスと正社員の違いやメリットデメリットなどの特徴について紹介していきます。

IT関連だけでなく、どの仕事に対しても通用するのですが、正社員といえば安定しているというイメージがあります。
確かに、ITの関連職種などでも、正社員などのほうが雇用状態も安定していて、福利厚生などを受けることもできます。
しかし、企業の一員として働いている以上、会社で求められている仕事に従事するのが仕事であり、いくらスキルアップややりたいことを主張しても受け入れられないこともあります。

一方で、フリーランスはすべてが自己責任です。
そのため、自分がやりたい仕事を選ぶこともできますし、評価はそのまま自分の収入につながります。
自分の魅力を生かしやすい仕事といえますが、有給休暇や福利厚生などがなく、仕事も自分で探してこなければならないという点もあります。

どちらの働き方を選択するのかはIT業界で働く個人の考え方によって違ってきますが、自分の希望するようにやりたい仕事ができる上、仕事を依頼する側から見てもプロ意識を持った戦力になる人材と見られることが多いので、実力を持ったIT関連職種のフリーランス化が進んできています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です